豊中で英語のレベルアップを試みた日々

学生時代とは異なり、積極的に学習できたことが成長につながりました

それまでは日本語で考えた後に変換していたのですが、最初に英単語が出るようになってきたというわけです。
もちろん英文で思い浮かべるのが理想tですが、3カ月ではまだその境地に達していません。
実際はこれもできるようになりますが、それまでに2年以上かかってしまいました。
それよりも低レベルですが、前述のように英語を苦手としていた自分にとっては目覚ましい進歩です。
成長したことを嬉しくて、より学習に対するモチベーションが高まっていきます。
通勤中もイヤホンで英文を聴き、電車で座れたら参考書を読み進めるといった具合です。
仕事で疲れていると苦痛に感じるときもあります。
しかし、目標とする外資系企業をイメージすると、頑張ろうとする気力が驚くほど一気に回復するのです。
そのおかげで、英語の検定でも自分のスコアを次々と更新できました。
なかには履歴書にかけるグレードのものもあったので、そういう意味でもかなり追い風になったのは間違いありません。
いずれにせよ学生時代とは異なり、積極的に学習できたことが成長につながりました。
人とのつながりに必要なツールとして英語を学び、豊中で努力し続けた日々をしっかりと覚えています。

英語の成績が伸びずにく悩んでいた時期があります頭の中に自然と英単語が思い浮かぶようになってきました学生時代とは異なり、積極的に学習できたことが成長につながりました